• Home
  • » 未来会計・MAS監査

見出し-mas1

見出-mas1

1.中期計画立案

経営者自身が将来の明確なビジョンを示します。

経営者のもっとも重要な仕事、それは自社のビジョンを明確に描くことにあります。
その為に、経営者自ら自社の強みと課題を整理した上で、経営理念・経営目標を踏まえ、今後どの分野で勝負するか(事業ドメイン)を定め、3~5年後の行動計画(戦略)と数値計画を決定します。

2.単年度計画

経営者主体の「トップダウン方式」又は現場参加型の「ボトムアップ方式」により、数値目標をその達成方法を具体化します。

具体的には
1.必要固定費(昇給、賞与、新規採用、販促費、広告費等・・・)
2.借入返済必要額
3.設備投資
4.目標売上及び粗利(どの商品をどの市場に提供するか・・・)
5.回収、支払条件
等のシミュレーションを行い、行動計画(戦術)と損益・資金繰りの1年後の見通しを立てます。

企業にとって最適な意思決定が可能となり、「どんぶり勘定」から「先見経営」により創造型企業に生まれ変わります。

3.経営計画発表会

全社員参加ものと、経営者のビジョン及び今期の経営目標等を明確にし、会社と社員のベクトルを合わせ一丸となって、1年をスタートします。
更に部署目標や個人目標まで落とし込みすることにより一人一人が活性化され目標の現実化が高まります。


 

見出し-mas2

4.決算分析

過去3年間の分析(過去分析)と5年間の分析(未来分析)で、会社が抱える財務上の課題を抽出します。

課題を把握せずしてビジョンを明確化しても、経営体質の強化には繋がりません。打つ手を考えるために、財務上の課題がどこにあるかを検証します。

5.達成管理

■いちげつ会議
経営幹部と「経営3表」をもとに「いちげつ会議」を行い、前月の結果を確認するとともに、今月以降どう手を打つかを決定します。

具体的には
1.売上、主要経費、経常利益等の損益の達成状況を確認し、目標利益を確保するために検討を行います。
2.売上分類別の売上達成状況を月別に確認し、今月以降の販売活動と売上見通しを検討します。
行動計画(戦術)の見直しを繰り返し行うことにより、目標達成の意識が根付き幹部の育成にも繋がります。

■先行管理
「予定2表」により来月以降の「損益・資金の見通し」を確認し、資金手当等が必要な場合は早目に手を打ちます。
この時、売上見通しを変更しながら資金繰りの検討を行うと、より現実的な「先行管理」が実現できます。

■予実管理
「経営3表」により計画と実績のズレをタイムリーに把握します。
これにより、ズレの原因に対して常に先手を打つことが可能となります。

実績を早く把握する為には自計化(月次決算制度の確立)が必要になります。

rss2.0 facebook

Copyright© 2018 税理士法人 クリエイト(旧池田税務会計事務所) All Rights Reserved.